長く使える良い物を買う、その方が長い目で見て安い

以前はいろいろなジャンルの洋服を着ていましたが、7年前よりカジュアル系の洋服しか着ないと決め、日々のファッションを楽しんでいます。
カジュアル系と決めてからは、安いユニクロや無印良品を購入しても物持ちが悪く買い替えに意外と費用がかさむことに悩んでいました

とくに基本色のカットソーやTシャツはヘビーローテーションで使うため、何度も似たようなものを繰り返し買い換え続けていました。
そこで作りの良い1万円以上のもの、日本製にこだわり買い物に変更したところ、
物持ちがよくなり、買い換える頻度がかなり減り、結果ファッションにかかる年間費用が減りました。

ワンピースやトップスなどファッションのポイントとなる洋服はシーズンごとに気に入ったものを見つけたら購入しています。
また高価な洋服は着用後は必ずブラッシングすること、洗濯時は柔軟剤をあまり使用しないなど、
生地を傷めないよう手入れをきちんとしていることも物持ちがよくなる秘訣だと思います。

もちろん、高価なものでもすぐにダメになってしまうものも中にはあるので、吟味しながら気に入ったブランドを探し、ファッションを楽しんでいます。

ファッション
ファッションは一種のチャレンジ

自分のファッションンのこだわりを一言で言えば「チャレンジ」そのものです。 これまで自分自身ダッフルコ …

ファッション
最近の私服と私服ついてのこだわり

冬場は寒くてスカートは履く気になれずパンツスタイルばかりです。アウターはノーカラーコートを愛用してい …